ADHD無職女、まもなく三十路。

うつ、胸痛、手の震え…コレが二次障害だったなんて!

仲良しだけど、ツイッターはフォローしてもしなくても良い!

うぅ、ぅ…またやっちゃった…

衝動でリツイートに反応しちゃった…
文章は自虐ネタになるよう考えたつもりだけど、誰か傷つけてないか心配…

優しいフォロワーさんが直ぐにイイネくれて私はホッとしたけど、
読んで傷ついた人は滅多なことじゃ話してくれないから、離れてくだけだから…

ぃゃ、でも、離れてってくれた方がお互いの為なのかな…
誰かをディスるつもりなんて毛頭ないんだけど、「これって空リプ?」と思う人も居るわけで…

そういう思考は語り合わないと解決しないし、けど話すのは労力と時間がかかるから、
何も言わずモヤモヤと繋がっているくらいなら、そっとフォロー解除した方が…。

フォローがなくなったからって、これまでの付き合いや相手の存在が消えるわけじゃないんだから、「会ってお喋りする事はあっても、ツイッターは繋がらない程度の距離で付き合う」という関係でも良いと思うのです。

 

「付き合いごとにアカウント分けちゃえば?」という意見を頂いた事もあるけど、
私は誤投稿しまくりで上手くやれず…
そもそも既に繋がってる人を誘導する事が出来ず…

結局、公私混同で建前も本音もごっちゃ混ぜ、飽き性だから趣味に関することも様々、全く統一性のない本当にただの「私のつぶやき」アカウントなのです。

人によっては「食事の写真載せる人ムリ」とか「プリクラ載せる人ムリ」とかあるし、
1対1だったら互いに気遣って仲良くできても、不特定多数に発信するアカウントだと「ぁ、TLに居たらちょっとヤだな…」というのは珍しくないと思うので…。

 

思ったことを投下せずにいられない…このクセは治りそうにないです。
実は、衝動的に思ったことを呟いたのは、かなり久しぶりでして…

一時期は「これじゃダメだ!」とツイッターから離れたのですが、
よく遊んでた子と偶然再会して、「メアド教えてー!ツイッターしか交換してなかったから突然消えて心配したよ!」と教えてくれたので…

そうか、そういう友達も居るんだ!とハッとしまして。
ちょっとだけまた開くようになったのですが…やっぱりまた、やっちまいましたー!

 

これは新たな策を練らないといけませんね…

「友達だけど、ツイッターは繋がらない」って関係もアリだ!というスタンスを話していこうと思います。