ADHD無職女、まもなく三十路。

うつ、胸痛、手の震え…コレが二次障害だったなんて!

聴力は異常なし…なのに耳が聞こえにくい。

今日は私が発達障害を知ったキッカケを書いていきます。

 

大人の発達障害は自覚するのが難しいとよく聞きます。

症状の度合いや環境次第で、特に問題なく生きていれば指摘される事もないでしょう。

私も全く気付かずに27年間生きてきました。

 

それがどうして今になってADHDと診断されたのか…

発端は、原因不明の難聴でした。

…大げさに書きました。耳鼻科で難聴と診断されたわけではありません。
私一人が「たまに聞こえない」「聞こえにくい」と悩んでいました。

 

私は幼い頃から頻繁に耳の中を掻く子でした。

掻き過ぎて中耳炎になり、耳かきを取り上げられても爪でガリガリ掻いてました。

よく「テレビの音が大きい」と叱られていて、「耳垢やカサブタの所為で聞こえづらいんだ」と思い込んでいたんです。

何度か耳鼻科で検査してもらいましたが、「聴力は正常です、耳かきを控えるように」と言われるばかりで、診断はいつも中耳炎でした。

耳の調子は良い時もあれば悪い時もありと安定せず、「話しかけたのに無視された」と言われたり、クラスメイトと「言った」「聞いてない」の言い争いになってしまう事が屡々ありました。

それでも日常会話に困る程ではなかったので、家族や友達は気にしてないようでした。

 

本当に困るようになったのは、働き始めてからです。

上司の指示を聞き逃したり、電話応対で何度も聞き返したりと、大事な場面で困る事が増えてきて、二十歳を過ぎて初めて「これは問題だ」と強く思うようになりました。

突発性難聴のようなものかな?」と思い、耳鼻科に行きましたが、異常なし。
その時も軽い中耳炎と言われました。

中耳炎が治っても、それまで同様、耳の調子は変わりませんでした。

 

こうなったらもう、ググるしかないですよね!只管!

「聞こえにくい」とか「聞こえない 一時的」とか…とか…
ぐーぐるせんせー…補聴器のサイトばっかりですー…。

もっとこう、具体的に表さないとダメなんですね。
まずは自分の症状を観察する事にしました。

耳鼻科で何度も「聴力正常」と言われているので、恐らく耳に問題はないハズ。
問題があるとしたら、神経系か、脳かな…と当たりをつけて様子見しました。

 

そうして浮かび上がった具体的な症状はこんな感じです。

  • 意識してない所から話しかけられると気づかない
  • 集中力が低下すると聞き取りにくくなる
  • 声が聞こえてから内容を理解するまでタイムラグがある
  • 多人数で会話すると聞き取りにくい
  • 耳で聞いたことを覚えられない
  • 空耳が激しい
  • 話しながらメモできない(メモする間は待たせてしまう)

これらをヒントに検索して辿り着いたページがコチラです↓

難聴?集中力?何を言ってるか聞き取れない- 病気 | 教えて!goo

すっっっごく、わかるっ!その悩み!!!

有難いことに回答がついていて、こちらから「聴覚認知能力」「発達障害」というキーワードを得ました。

この事をかかりつけの精神科医に相談し、紆余曲折を経てADHDと診断されました。

 

聴覚認知の他に、視覚認知というのもあるみたいですね。
私は耳から入った情報はすぐに忘れてしまいますが、目から入った情報は割と覚えてる方です。

「電話だと忘れちゃうからメールして」が私の口癖です(苦笑)