ADHD無職女、まもなく三十路。

うつ、胸痛、手の震え…コレが二次障害だったなんて!

サインバルタが効いてきました

服用を再開して2週間、サインバルタに感謝するほど効果を感じています。

 

手の震えや動悸はすっかり治まり、謎の恐怖感も随分と薄くなって、また友人たちとSNSで交流できるようになりました。

サインバルタが切れていた間は、人のちょっとした言動が自分を暗に批判しているように感じたり、冗談を真に受けて場を白けさせてしまったり、

逆に「こんな事を言ったら不快にさせてしまうのでは…」と不安になって、親しい友人相手なのに軽口やジョークを全く言えず、対話の場面で常にギクシャクしていました。

慎重に行動すべき場面では、相変わらずドキドキして喉が渇いたり手や胸が震えたりしますが、病的なレベルではなくなったと思います。

 

サインバルタには「まぁいっか」という気持ちにさせる効果があります。

仕組みはよく分かりませんが、「まぁいっか」という気持ちを起こさせることで様々な不安から心身をガードしてくれるようです。

不安症状を和らげるためには、これが私にとって物凄く効果的なのですが、日常においては少々困る場面もあります。

元々、時間やスケジュールを管理するのがヘタで「よく遅刻する人」「締切を守れない人」と思われているのですが、そういった反省すべき事柄についても「まぁいっか」と思ってしまうんですね…

「このままじゃ遅刻しちゃうなぁ…まぁいっか…」と、結末が見えていても対処しなくなり、益々信用を失う方へ転がっています…。

幸い今は私の欠点を寛容な心で甘えさせてくれる人に恵まれており、どうしようもない事態を引き起こしたことはありません。

ですが、これは状況が全てプライベートだから許してもらえるのであって、職場だったら仕事もらえなくなっちゃいますよねぇ…

一長一短、なかなか都合よく作用してはくれません(^_^;)

カウンセリングは心の発掘作業

春先ごろからカウンセリングを受けています。

幸い、相性の良いカウンセラーに担当して頂き、徐々に効果を得られています。

以前はカウンセリングに対して余り良いイメージがなく、カウンセラーというのはただ相槌を打つのが仕事なんだろうかと批判的に思っていました。

違うんですねぇ…今お世話になっているカウンセラーさんは、深層心理を言語化するサポートをしてくれて、且つ論理的に私の気持ちを纏めてくださいます。

毎回お話する度に「私はこういう風に思っていたのか」という発見と驚きの連続です。纏めて頂いた内容は、定型発達者に自分の特性や意思を説明する時に大変役立っています。

昔々、重い鬱状態(まったく言葉を発しない虚ろな状態)でカウンセリングを受けさせられた時は、殆ど対話が成立しないまま時間だけが経過して「お金が勿体ない…」という感想だけが心に残りました。

こちらに話す姿勢がなければカウンセラーさんは仕事したくても出来ないんだなぁと、今更ながら理解しました。

真っ当なカウンセラーさんは、自身の見解や意見を全く口にしないそうです。

こちらが話しやすいように、話題を掘り下げる質問を重ねていき、話が逸れたら元の話題を思い出させてくれて、私自身が全く意識していなかった本音を発掘してくださいます。

人の心はキレイな部分ばかりではありませんが、そうと分かっていても自分を良く見せたい気持ちが働いて「本当の気持ち」に蓋をしてしまう事が侭あります。

無意識に隠してしまった心の蓋を、そっと開けてくれるのがカウンセラーさんなんですね。

蓋の下には醜いものや非常識なものもたくさんありますが、それが自分の気持ちなんだと認識することで、現実と折り合いをつける具体的な方法を考える為の重要な材料になると感じている昨今です。

また、単純に、自分の素直な気持ちを認識することでスッキリする事も多々あります。

「正直、働きたくない!」

「苦手な人と関わりたくない!」

「好きな事をして日々を過ごしたい!」

人前では決して言えませんが、自分自身くらいは「そっかぁ、そう思ってるんだねぇ」と、気持ちを受け止めてあげたいと考えるようになりました。

【発達障害を雑談する場所(仮)】フリートーク会に参加させて頂きました。

発達障害を雑談する場所(仮)】とは…

月子さんの記事をご参照くださいm(_ _)m私が説明するより遥かに分かりやすいので!

tsukikosan.hateblo.jp

 

ドキドキしながら、フリートーク開始30分前からiPhoneを握りしめて待機(笑)

想像以上にたくさんの方がいらして、私はひたすら画面を上下にスクロールしておりました(苦笑)

時折、主催のキヨスイさんが「ちょっと会話ペース落としましょ^^」とアナウンスしてくださって、とても助かりました。

 

一括りに発達障害と言っても、本当に様々な方がいらっしゃいますね。

私が感じた印象としては、「就労している方が結構多い…?」というのが第一でした。

自分は就労どころか日常生活がそもそも駄目で、彼氏様のサポートがないと食事や睡眠も忘れて、やりたい事にばかり熱中してしまうので…

「もしかして私、自分で思っている以上に症状重い…?」という新たな悩みが浮上しました(;´・ω・)二級手帳を申請すべきかしら…

まぁ、私の場合はADHDよりも二次障害の方がネックなので、鬱症状と不安症状さえどうにかなれば何かしらの職には就けると思うのですが…(何故か楽観的)

 

フリートークでは実に様々な議題が挙がりましたが、話の流れで議題がコロコロと変化していく様相に「発達障碍者が集まったら、こうなるんだなぁ…」と半ば自嘲気味に拝読しておりました。

私は多人数の会話が苦手という特性が強いので、こういう時は基本的にROMです;

ちょっと発言したいな…と思って入力してみるものの、打ち終わる頃には次の話題に移っていて結局送信しない…という具合です。

ま、想定の範囲内です(;^_^AほぼROM状態になるであろう事は予想してました。

次からはPCで参加したいと思います…フリックよりは早く打てるハズ!

 

挙がった議題はどれも興味深いものばかりで、一つ一つ掘り下げて皆様の意見を聞いてみたいと思いました。

私としては、「定型発達者と発達障碍者って具体的にどう違うの?」という疑問が第一にあるので、皆様の悩みや対策、ツラかった出来事や嬉しかった出来事を読ませて頂くことで、この疑問を少しずつ解いていけたらいいなぁと感じました。

また、定型発達者の方も少なからず潜んでいらっしゃるようでしたので、「定型発達者から見た発達障碍者の不可解な点」について話してくださる方が今後現れたら有難いなぁとも思いました。

 

このように気軽に参加できる場はなかなかないので、非常に有難い限りです。

今後とも出来るだけポジティブな姿勢で参加させて頂きたいと思います。

 

ストラテラ120mgになりました

ご無沙汰しております。

先月半ばごろから、ストラテラ120mgになりました。

処方量MAXです。

 

ここ数ヶ月は徐々にやりたい事が増えてきて、すっかりブログの事を忘れていました。

何にも更新していないにも関わらず、今月のアクセス数が200弱もあって驚きました。

個人の感想しか載せておりませんが…それだけ発達障害ADHDに関する情報が少ないという事なのでしょうか。

 

4月末に、サインバルタの処方がなくなりました。

目立った不安症状が見られなくなり、傍から見ても随分明るくなったという事で、もうサインバルタは要らないだろうという医師の判断でした。

全くサインバルタを飲まなくなってから、徐々に不安症状が戻ってきました。

初めは軽い頭痛や息の詰まる感じ程度だったので、ストラテラの副作用と混同していました。

3週間を過ぎた辺りで、明らかに不安症状と思われる手の震えや動悸を感じました。

また、友人たちの些細な言葉に過敏になり、一時的にSNSへの書き込みができなくなりました。

今までサインバルタによって過剰な不安感や恐怖心が抑えられていたんだという事がよくわかりました。

先週からサインバルタを再開し、補助としてメイラックスも服用する事になりました。

プラシーボ効果もあってか、再開してすぐに胸痛などの症状は少なくなりました。

しっかり効き始めたら、変に怖気づく事なく、以前のように活動できるはずだと期待しています。

 

ストラテラの方ですが、正直言ってよく分かりません。

活動的になったのは良いことですが、やりたい事が増えすぎて時間が足りず、同時にやりたくない事もたくさん出てきました。

この「やりたい」「やりたくない」の度合いが、服用前よりかなり強くなった気がします。

「まだ働きたくない!」

「ご飯つくりたくない!」

「お皿洗いたくない!」

「お風呂入りたくない!」

「まだ眠りたくない!」

…うーん、まるで幼児のイヤイヤ期ですね;

彼氏様に助けて頂きながら生命維持しております。

本日、胃カメラ。

15時スタートの予定ですが、朝から心が折れています…

 

10日ほど前から、ストラテラを朝に65mg、夜に40mg服用しています。

朝食後の服用量が65mgになってから、副作用が最も酷い状態で続いています。

のどの奥を刺激されているかのような吐き気と、胃のムカつき、目の辺りの火照りが主です。

 

40mgまでは、最初の2〜3日で副作用は治まっていました。

今も、夜の服用後は特に気になる事はありません。

問題は朝です…

夜よりも食事量が少ないからか、副作用が強く表れます。

また、なるべく朝食後すぐに飲むようにしていますが、少し何か用事が入ると飲み忘れてしまい、昼ごろに飲む事が間々あります。

昼食は朝食よりも軽く摂っているので、更に強く副作用が表れます。

食事量で副作用の度合いが変わってくる事がわかったので、飲み忘れた時は昼食を多めに食べてから飲んでいます。

 

さて…問題は今日の胃カメラです。

15時からなので、当然、朝食昼食は食べられません。

しかし、毎日服用の薬を飲まないでいるのも不安です。

そこで今朝はコップ5杯ほどの水でストラテラを飲みました。

しかし、5杯では少なかったのか、そもそも水では力不足なのか、かつて無い吐き気を我慢できず、自ら戻してしまいました…

まだ吸収されていない分を吐き出せたのか、今は少しだけラクです。

 

医師に相談して今日だけ朝の服用をやめるべきか…

実は何度も悩みました。

結論から言うと、この通り何も相談していません。

面倒だからなのか、考えが甘いからか、体調不良を理由に現実から逃げたいのか…

恐らく、全てです…。

 

これから5時間、飲まず食わずで過ごす事をきちんと考える事ができていたら…

後悔先に立たずですね。我慢するしかありません。

今日は何かしら活動して気を紛らわしたいと思います…